トップ

葬儀を友引に行わないのは

葬儀の日程について

遺族

友引に葬儀をしない理由

葬儀を行うにあたって、友引の日を避けて日程を組むところは、今でも少なくありません。この友引というのは六曜の一つで、葬式を行うには凶日であると言われています。もともとは共引と書き、全てのことに関して引き分けの日、つまり決着がつかない日とされていました。ですが、時が経つにつれ、次第にこちらの意味は薄れていき、現在では友を引くと書くようになりました。そして、この「友を引く」という意味から、葬儀をこの日に行うと、故人と親しくしていた他の人まで連れて行ってしまうと言われているため、この日に葬式を行うことを避けるようになりました。ちなみに、お通夜はこの日に行っても問題はないと言われています。

友引に葬式を行わないのはなぜか

日本人の生活に深く根付いている六曜という暦注の中で、よく聞くのは友引の日に葬儀をしてはいけないという考え方でしょう。これは「故人と親しかった友達を引っ張ってしまう」という文字のイメージから生まれた迷信が由来しています。宗教としての根拠はありませんが、実際に火葬場が休日になるケースも多いため、多くの葬儀会社は友引を避けて日程を組むことが多いため、故人が亡くなった日にちによっては通夜や告別式が行われるまで時間が経つこともあります。季節によっては遺体が傷むのではないか心配に思う人も多いですが、近頃はエアコンやドライアイスを駆使して遺体の状態を維持する事も可能であるため、それほど心配はありません。

葬儀に詳しくなる情報

新着情報

↑PAGE TOP